ご予約はお電話で… 028-666-7944

HOME > WORK/ACTIVITY > ACTIVITY[動物愛護活動] > ACTIVITY[動物愛護活動:オーナー中里愛の想い]

Column 1:オーナー中里愛の想い

私には伝え続けていきたいことがあります。


ai_dog01.jpg 私が初めて迎えた犬は、ペットショップで購入しました。迎えてからとても手がかかり、あまりの愛らしさに、夢中になりました。こんなに愛おしい私の犬を生んでくれた母犬は、どうしているのだろうか。一緒にショーケースに入っていた兄弟犬は、温かい家庭に迎えられたのだろうか。自分の犬への愛おしさが募るほどに気になり、ペットショップに並ぶ犬たちの流通に興味を持ったのが始まりでした。

ai_dog05.jpg 調べるほどに、モノと同じように商品として生産され続け、使い捨てにされる犬たちの悲惨な現状を知り、そして、人の都合で殺処分されているたくさんの犬たちがいることを知り。とてもショックを受けました。私一人の力でこの現状を変えることはできないけれど、多くの人に伝えることができたら。犬を大切に思う人をお客様とする職業について、私にできることをしたい。そう思ったのが、トリマーを志したきっかけでした。

works_hogo01.jpg 大型犬でも10年前後、小型犬では15年前後生きます。そして、小型犬1頭にかかる費用は、一生で200万円前後といわれています。怪我や病気をしたり、トリミングの必要な犬種はもっと掛かるでしょう。お金だけではなく、しつけ・毎日の散歩やグルーミングなど、大変な労力も必要です。

hogo000.jpg犬は、愛情をかければかけるほどに応えてくれる、本当に愛おしい存在です。そして犬は、人が手(お金)をかけなければ、この人間社会で幸せに生きることはできません。自分の意志で犬を迎える以上、その犬を一生面倒見る覚悟が必要です。十数年、共に生活をするパートナーを迎えるときには、どうか慎重に熟慮して頂きたいのです。そして、ブリーディングをする際には、生まれてくる仔犬の先の一生の事も、考えてあげてほしいのです。その命に責任を持てないのなら、犬を迎えない(生ませない)という選択も必要です。

 ペット業界の発展する中、沢山の不幸な犬達が増えています。利益重視の商業的なブリーディングを行うブリーダーまたはペットショップの発展の裏では、沢山の犬達が命を落とし、モラルのないブリーディングや近親交配により、遺伝疾患や奇形の増加など、問題が山積しています。安易に生き物を交配すること・購入することのリスクと、命の尊さを、多くの方に知って頂きたいと思っています。また、保健所や動物愛護センターに収容された犬達の多くが、殺処分されています。無責任な人の身勝手で、見捨てられた犬達の悲しい末路です。

 仕事や保護犬達のトリミングボランティアを通して、可哀想な犬と出会うたびに、この業界の現実を見たり聞いたりするたびに、悲しくて仕方がありません。私はこの現状や保護犬達の存在を伝えることで、不幸な犬を作り出さない未来を目指して行きたい。犬に携わる者として、犬のおかげで糧を得るものとして、そして、愛犬家として。人の都合で見捨てられている犬達を、救う努力をしていきたいと強く思っております。

 私一人では何も出来ないかもしれないけれど、
「伝える」 ことで、多くの方に知って頂ければ。
「知る」 ことで、防げる不幸があるかもしれない。


 1頭でも多くの犬が、幸せな環境で生命を全うできますように。そして、一人でも多くの人が、本当の意味での愛犬家として、愛らしいパートナーと共に、健全でより充実した毎日を送れる社会になりますように、心より願い活動しています。

中里 愛


aigo_banner1-2.jpg

aigo_banner2.jpgaigo_banner2.jpg

hogoshien.gifhogoshien.gif